Japanese

盲目ユーザーも観覧できるウェブサイトチェックポイント5点

身体障害者未対応のウェブサイトは法律的なトラブルにつながる? この記事では 注意:このポストは法律的なアドバイスを施すものではありません。正確な情報に関しては必ず専門の弁護士に相談してください。 インターネットが欠かせない時代、誰もがネットで情報を収集します。健常者にとっては便利になっただけのように感じますが、目が見えない人や色盲の人がどうやってウェブサイトを観覧するのか想像したことはありますか?ネットでしか得られない情報が増える中障害者の人たちにとって観覧に不便なウェブサイトが多いことは生活に直結する問題になります。またビジネス面で見れば、障害者の人たちへの対応が遅れているということは彼らがあなたの商品やサービスを買ってくれる機会を逃すことにもつながります。身体障害者に対する対応が進む米国でも残念ながら彼らに対して十分な対応ができておらず、こういった問題は法律問題にも発展します。 別にそこまで大騒ぎすることでもないでしょう。。。 と思うかもしれませんが、そうでしょうか? サイトが見れないのなら、電話してくるなり、店に来て尋ねるなりできる。 確かにそうですが、それだけでは済まなかったケースが米国でありました。 2017年夏、米国の大企業数社のウェブサイトがADA規定(米国身体障害者協会) In 2017, some major companies are sued because their websites were not ADA compliant. Read the story fro the link below. http://www.latimes.com https://nypost.com/ How to make a visual impaired proof website. First of all, a website consists of a different kind of data… text, graphic, program,…

Read More